遺言執行者とは

 

遺言執行者とは、文字通り遺言の内容を実現するために一定の行為を行う権限を持つ者のことをいいます。

遺言者は、遺言で1人または数人の遺言執行者を指定し、またはその指定を第三者に委託することができます。このとき、指定された者が遺言執行者に就職するかどうかは本人の自由意思に委ねられています。しかし、この就職の意思を長期間曖昧にしていたのでは相続人などの利益を害します。そこで、相続人その他の利害関係人は、相当期間を定めて就職を承諾するか否かを確答すべき旨の催告をすることができます。もし、期間内に確答がない場合には、就職を承諾したものとみなされます。そして、就職を承諾すれば、直ちに任務を行わなければなりません。

遺言執行者がいないときやいなくなった場合には、家庭裁判所が利害関係人の請求によって選任することになります。反対に、複数いるような場合には、その任務の執行は過半数で決めるのが原則です。

遺言執行者は、相続人の代理人とみなされ、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有しています。このように法律行為を行うにあたって強大な権限を有していますが、特に資格などは必要がなく、未成年者と破産者以外であれば誰でも就任することが可能です。

 

Comments are closed.