相続人の範囲とは

}PgžxQ

相続人は、自然人に限られ、また相続開始の時に生存し、相続欠格の事由がなく、かつ廃除されていないことが必要です。胎児に関しては特則があり、相続に関してはすでに生まれたものとみなされます。

さて、相続人の範囲は、大まかにいうと血族相続人と配偶者です。前者は、胎児を含む子と直系尊属、そして兄弟姉妹です。後者は常に相続しますが、前者については相続開始時に生存する最先順位の者が相続人となり、その場合他の者はなることができません。そこで、相続の順位が重要になってきます。

第一順位は子です。この場合、法定相続分は2分の1になります。その次は直系尊属で、法定相続分は3分の1になります。最後は兄弟姉妹で、法定相続分は4分の1です。

上記の者が相続開始以前に死亡しているなどの理由で相続権を失っている場合には、これらの者の直系卑属が相続することになります。これを代襲相続といいます。もっとも、被代襲者は子と兄弟姉妹に限られ、直系尊属と配偶者は被代襲者になりません。また、子の子、すなわち孫がいないときにはひ孫が代襲相続人となりますが、兄弟姉妹については再代襲は認められません。すなわち、兄弟姉妹の子までが相続財産を承継でき、兄弟姉妹の孫は承継できません。

 

Comments are closed.