紛争が起きた時の対処法

 

遺産相続のときは、何かと相続人同士で紛争が起こりやすくなります。
相続は相続税を支払う人は少ないですが、誰でも起こりますし、基本的には財産だけでなく負債も受け継ぎます。
また、相続を放棄するときも期間の制限があるので、遺言があっても遺留分という法律の定めている財産を受け取る権利のある人の取り分については自由には出来ないようになっています。
更に、遺言は法律に定める形式でないと無効なので、テープなどに録音しても効果はありません。

遺言があってもトラブルになりやすいですが、遺言があることで紛争を防止することも出来ます。
遺言で相続人のそれぞれの相続分や内容を決めておけば、遺言が無効でない限りは基本的に争いはおこりません。
故人が生きている間は仲が良くても、いざ財産を受け継ぐことになると争いになったり、家族が崩壊することもあります。
また、本来は相続人でなくてもお世話になった人に対して、遺してあげたいときにも対処が出来ます。

逆に、相続人に遺産を何も残したくない場合でも、一部の例外以外なら遺言が効果を発揮します。
特に相続財産の中に不動産などがあるときや、巨額なときには揉め事になりがちですから、先にきちんとした遺言を残しておくことが重要です。

 

Comments are closed.