被相続人と取引

 

被相続人は財産を残して死亡した故人のことで、この故人が生前にどのような金銭の取引をして}PgžxQいたのかを知るためには、印鑑証明などの証明書をそろえて開示請求を役所に提出しなければなりませんが、開示請求をしてから1週間から10日程度の期間を必要としていて、さらに金融機関が開示請求に応じない場合には被相続人の取引に関する詳細情報を手に入れることはできないようになっています。
取引に関しては相手方が現在も商業活動をしている場合が多いので、プライバシーを守るという観点からも問題のある行為となっています。また最高裁判所などの判例などでは、経過した期間によって開示に応じるかどうかを決めるという意見が述べられていますが、どの程度の期間が経過すると開示されるのかは、金融機関などの裁量に任されているのが実情となっています。
銀行などの金融機関は基本的には本人以外の人間が口座を見ることは認めていないので、親兄弟が突然亡くなってしまった場合などにはお金を引き出すために書類を提出するなどの手間がかかりますが、これと同様のことが被相続人の銀行口座に当てはまっているので、開示は難しいというのが現状です。正当な理由や証明書などがある場合には、金融機関によっては開示に応じる場合もあります。

 

Comments are closed.