相続制度と遺言

シニア02

遺産相続で遺言書がない場合は、残された相続人の遺族に遺産分配をすることになります。
相続制度では、遺言書がある場合は、遺言書にのっとって相続が法的効力を発揮します。
遺産分配で骨肉の争いにならないためには、生前に遺産がある方は用意していくことが必要でしょう。
我が家には、争う遺産などないと言われている方でも、残った家の処分をどうするかでもめてしまったり、
財産が多いから、少ないからといってトラブルが起きないとは限っていません。
少ない財産を相続人同士でもめてしまうことも多くあることです。
円満にトラブルがなく遺産分配して残された家族も正しい形で財産を受け継いでほしいと思うのが故人の願いだと
思っています。
また、寄付など自分の遺産を相続人以外に残したい場合も意思を伝えるためにも大事です。
自分のお世話になった方に残したいというのもきちんと形にあるもので残しておかないと伝わりません。
しかし、きちんとした書式でないものや無効になってしまうこともあるので作成時には気をつけましょう。
遺産相続をスムーズにするためには、相続制度を理解しておくことが大事になってきます。
相続税のことなどもありますので、プロである司法書士や弁護士に相談するのもおススメです。